2011年 08月 28日 ( 2 )

UPするタイミングを逃しまくっていたphoteがたくさんありました・・・。
すでにもう収穫が始まって大分経っていますが、ワタクシのプチプチ農園
ちょこちょこ収穫できました。

a0154801_1604579.jpg


ワイルドストロベリー、ミニトマト。キュウリ。
この他、ナスとかトマト、ピーマンも。

ナスとか、思った以上に味がよいです!
トマトにいたっては、食べたことないくらい甘かった!

んがしかしっ。

きゃあぁぁっ。
実がなり始めた頃、トマさんに尻腐れ発生!

なる実なる実、ほとんどが腐ったみたいになってきて「なにごとーっっ」
ドキドキしましたよ。

病気だったらどうしよっ、今回の野菜栽培にあたっては、初期導入費用が
何千円もかかっておる(苦笑)のに、元が取れずに腐ってしまっては、
ワタクシ、泣くしかありません。

         (こちら↓は、何とかそれなりに成長~)
a0154801_1611159.jpg


が、幸いにも「尻腐れ」は株の病気とかではなく、
生理障害と分かったので、一安心。

でもないですが、カルシウムをしっかり補給すれば治るので
「カルシウムくだ菜」とかゆー栄養剤みたいなのを購入して、
葉に散布。

けど、その当時、散布する側から雨が降っては流れ、降っては流れて~
ああ~。

難しいですねぇ、野菜栽培は。

さて、暑さにぐったりだったのか、お得意のおいたもせず、
日々大人しかったコスモ

しかし、たまには奮起してこんなコトも。

転がっていたものを何やらゲットした模様。
(究極のボサ子ぶりは、目を瞑って下さい・苦笑)

a0154801_1614795.jpg


いや、いらんです。だってそれ、父’s靴下だから(笑) 
欲しいなら、そのままどぞっ、コスモさん。

と、放っておくと。

a0154801_1621439.jpg


はい、分かりましたよ。
そんじゃ、それは返してくださいな。

a0154801_1623747.jpg


ものすごい力で噛み締め、決して離そうとはしません。
スッポン・コスモだよ。

さて、このもーさんは手術前なんですが。
お見苦しくて申し訳ございません(苦笑) ここ、普段使用
していない物置きと化している部屋です。

a0154801_1631092.jpg


実はある時、モモがいなくなりました。
いつも一人になれるトコなれるトコを探して寝ているモモですが、
場所は大抵決まっていました。

なのに、その時はそのどこを探してもいない。

あいやっ、久し振りに脱走したか? いやでもどこもドアとか開いてないし、
なんて思っていると、今までいた事のないここで寝てました・・・。

最奥の布団袋の上。
入り口からは見えないのよ~。探したぜ、もーさん。

その時は「んもぅ~」なんて思いましたが、今から思えば、
この時にはもうかなり具合が悪かったはずで、そのために
誰からも見付からないよう、具合が悪いのを悟られないよう、
ひっそりとした場所を探していたのかもしれません。

モモよ・・・。

その証拠に、手術後はここで一度も寝ていません。

飼い主の気を引きたくて仮病を使うわんちゃんもいると聞いていますが
(それはそれで可愛いな・笑)、モモは本当にどこまでも孤高なわんこで
ございますよ。
[PR]
by mo-cosmo | 2011-08-28 16:11 | もー&こす
そろそろ終わりにしよーと思う、英国紀行ラストです。

英国滞在6~7日目。
まずは世界遺産、バース観光です。
半月形の建物で有名なロイヤル・クレッセントを見ました。

a0154801_15372177.jpg


貴族達の住まいとして造られたテラスハウスらしいです。
バースの近くで採れる乳白色の石を使ったイオニア式の円柱114本が
並ぶ、優美な建物です。
日本では見ない建物の形ですよね。

次は約2000年前のローマ浴場跡、ローマン・バースです。
風呂=バスの由来にもなったトコだそうです。

a0154801_15374917.jpg


西暦1世紀にローマ人が築いた浴場で、18世紀に復元され、
温泉リゾートとして整えられたようです。

「水質検査はしていないので、水に手を浸けないで下さい」と注意が
ありました。うん、この色ではそれはしないな(苦笑)

今でもお湯が出ているみたいで、白い湯気が立っているとこがありましたよ。

英国では大聖堂教会にいくつか入りましたが、どこも荘厳で素敵でした。
どの教会もステンドグラスとか、見事の一言。

で、これがバース大聖堂

a0154801_15381742.jpg


創建は758年で、今の建物は1499年完成のもの。
むかーし、戴冠式とかも行われたみたいです。

こんな場所で1時間くらいお祈りや瞑想とかしたら、
心が洗われそーとか思いました。

正面の両横には、天使が天国に昇っている梯子、
下りている梯子の彫刻がありました。

a0154801_15384248.jpg


この日は、私が英国でどうしても行きたかった場所、
世界遺産、ストーンヘンジにも行きました。
謎に満ちた巨石建造物です。

a0154801_15391550.jpg


紀元前約3000年から1600年に作られた、英国最大の古代神殿です。
大きな石はサーセン石という石で、中には40トンもあるものも
あるそうです。ひょ~。

サーセン石の採掘場所は、一番近い場所でもここから30キロは離れて
いるらしく、それをどーやってここまで運んだんでしょうねー。
小さな石はブルーストーン。これもここから240キロ以上西の西ウェールズで
採掘されたとのこと。

幻想的な光景でした。

翌日はロンドン観光~。ロンドンといえばこれ! のダブルデッカー見ましたよ。

a0154801_15394597.jpg


約1万坪の敷地を誇る英国王室の権威の象徴、バッキンガム宮殿です。

a0154801_15401494.jpg


そしてここが! 例の場所ですよ!
ロイヤル・キッスの場所~♪(えと、多分・・・)

a0154801_1540543.jpg


バッキンガム宮殿前も、とっても素敵でしたー。

a0154801_15415616.jpg


残念ながら、女王陛下はいらっしゃらなかったご様子。
(旗で分かるようになっています)
週末はウィンザー城で過ごされるそうで、これから戻って
来られるようです。(この日は月曜の午前中)

大英博物館にも行きましたよ。
英国って、美術館とか博物館とか、大抵タダなんですよ!
いや、太っ腹、英国!

a0154801_15434795.jpg


ここで見たかったのは、やっぱりロゼッタストーン
見ましたよ~! 
でも、何か新しかった。もっと遺物っぽく古臭いものなのかと
思っていたのですが、ピカピカに見えたわ(笑)

大量なので、見物できたのはほんの一部。でも、昔から好きな
古代エジプトの遺物もいろいろ見れました。
「これが人気のミイラ、ジンジャー(名前)です」とかって紹介が
ありましたが、に、人気・・・?

午後はウィンザー城へ行きました。11世紀末、ウィリアム征服王に
よって建造された、イギリス諸島で最古の王宮です。

a0154801_15453613.jpg


まずはクイーン・メアリの人形の館を見ました。
精巧な西洋人形がたっくさん。
一流の建築士が作ったドールハウスの中は、家具などの調度品から
食器や本などにいたるまで、見事なミニチュアが並んでいます。

ウィンザー城の中は、とにかく広い!
こんな所でもー&こすと暮らしたら、毎日探し歩かなくては
なりませんから、一部屋使用でいいな!(←庶民の発想~・苦笑) 

とにかく豪華絢爛の一言です! 

ちょっとウロ覚えなのですが、確かこれが週末の女王陛下のお住まい、
ステート・アパートメントと聞いた気がするのですが・・・。

a0154801_15464199.jpg


行った時には、女王陛下はご不在。
つまり、ロンドンのバッキンガムへ戻られた後だったようです。
くっ、朝のバッキンガムと入れ違いだ・・・。

豪華で優美な世界に圧倒される感じでしたが(庶民だからな・・・苦笑)、
こうしたお城はやっぱり女の子(おばさんになっても~)の永遠の夢ですね。

英国にはまた行きたいです。旅の間、わんちゃんはたくさん見ましたが
(日本では見かけないボーダーテリアをちょこちょこ見た! やっぱり
イギリスだなあって実感しました)、結局ノーリッチテリアは見なかったな。
遠目に、ノーフォークちゃんは見たような気がします。

今度はぜひノーリッチ(ノーフォーク州ノーリッチ市)に行って、
ノーリッチ大聖堂やノーリッチ城、そして何よりノーリッチテリアを見たいです!
[PR]
by mo-cosmo | 2011-08-28 15:58 | いろいろTalk

おとなし系モモと怪獣系コスモのわんコロ日記(notes)


by mo-cosmo