「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:モモ( 12 )

モモの旅立ち

5/8、モモが旅立ちました。
日付が変わる少し前です。

一度は家族皆就寝したのですが、何故か母が起き、私と父も起き、
全員が見守る中で、でした。

不思議ですね。モモが呼んでくれたのかな。

苦しそうに息をするモモに、ただ泣くことしかできなかった。
ただ、光のエネルギーがモモの体に浸透するように、私なりに
ヒーリング・エネルギーを送りました。
モモは、分かってくれていたかな。

苦しかったね。よく頑張ったね、モモ。
でも、もうこれで辛くなくなったね。楽になれたね。

モモにすがって泣いて泣いて泣いて、いかないで、と、いっちゃやだ、と・・・
そう叫びそうになりました。
やっとこれでモモは楽になったんだと思っても、モモがいなくなるということへの
哀しさ、辛さが強く胸に押し寄せてきて、モモを抱いて激しく泣きました。

涙ってほんと、枯れることがないんですねぇ。
どんなに泣いても泣いても、涙って出てきます。
きっとまだまだこれから先もたくさん涙を流すでしょう。

モモは、実は三代目のワンが亡くなって数日後、我が家にやって来ました。
飼ってもらえないかというその話が来るのがもう数日早かったら、
三代目ワンがいたため無理でした。
何ともベストタイミングで我が家にやって来たモモ。

そして旅立つ時もタイミングを計ったようだったんです。

実は5/10~11と私と母は泊まりで出掛ける予定でした。
その二日の間に、モモに何かあったらと心配でした。間に合わなかったら、と・・・。

でも、モモが旅立ったのは5/8。
だから9日に、全員で送ってやることができました。
一日遅かったら、母と私は不在で送ってやることができなかったので、
本当にベストタイミングでした。

モモにはきっと分かっていたんでしょう。

大人しくて、穏やかで、空気のようなワンでした。
暖かい陽だまりのようなわんこでした。
歴代のワン達と一緒、最愛の存在です。
私の宝でした。


今はモモで胸がいっぱいです。
よく心に穴が空いたって言いますが、私はそんな事ないんですよ。
私の心にはモモがいーっぱいつまっていて、穴なんて空かない。
こんなにもモモが可愛くて可愛くて、愛していたんだなぁって実感しています。

もっともっと、いっぱい遊びたかった。
お散歩、のんびり二人で行けばよかったね。
コスモが来た時も、きっと面白くなかったのに、
ちゃんと受け入れてくれて、ありがとうね。

母が言うには、モモは私が一番好きだったそうです。
そうだった? 
ありがとうね、モモ。

ほんのちょっとの間、ブログをお休みしようと思います。
ちょっとだけ、まだ脱力しちゃってるから。はい、でもほんのちょっとです。

もう少し心が落ち着いたら、モモのことをもう少し書いて、
皆さんに読んでいただけたらなーと思います。
コメント欄共々、復活したらまたよろしくです。
[PR]
by mo-cosmo | 2012-05-15 10:38 | モモ

モモの日々②

自力で水も飲めなくなっていたモモですが、ある時器を口元に
持っていってやると、自分でペロペロできたんですよ。
おぉ、進歩ー! 

それが数日続いたのですが、その後なんとモモが食べてくれたのです。

食べなくなってからも天日干しして作った手作りジャーキーとか、
大好きだったちくわ(←犬にやってはいけないモノがとにかく好きだった
もーさん・・・)とかやったりしましたが、全く食べてくれませんでした。

点滴だけが栄養補給の日々が続いており、もう食べることはない
のかもしれないと家族も思ってました。

その日も、多分食べないだろうと思いつつ、いわしを焼いたもの(←えー、
我が家の晩ご飯)をお裾分けで持っていったらなんとなんと食べてくれたんです!

ちょっと奇跡ですよ!

a0154801_9353939.jpg


       (↑痛々しいくらいに痩せちゃってます・・・。嘔吐を繰り返していた頃は、
       布団の洗濯が間に合わなくなってきたので、汚れ防止でペットシーツを敷いてました)


小さないわしでしたが、二匹くらい食べてくれて、もぅ私号泣でございましたよ。

その時思い出したのが、数年前、アニマル・コミュニケーションのセミナーに
出た時のこと。犬とテレパシーで繋がってみましょう的な時間があり、
私はモモコスモとどっちにするか考え、モモと話をすることにしたんですね。

コスモはパピーから育てたせいか、人間と意思の疎通もよくできる。
でも、もーさんはなかなか感情を表に出すことができないワンなので、
何を言っているか知りたいと思ったのです。

意識をモモに集中してモモの気持ちを知ろうとした時、モモが私に
伝えてきたメッセージは「もっと手作りごはんが食べたい」だったんですね。
それと「いわしが食べたい」と。

a0154801_9362297.jpg


その時は魚好きは分かっていましたが、確かいわしをやった記憶はなく、
「え、いわしー?」と意外に思ったのを覚えてます。

自分が本当にモモの気持ちを読めたのか「?」の部分はありましたが、
ここにきてあの時に感じたことは正しかったんだろうなと思いました。
この時になって、モモがいわしを食べてくれるなんて。

そーかい、そんなにいわしが好きだったかい、もーさん。

その後、モモの側でお茶しようと思って、側でカステラを食べた私ですが、
試しにちょっとカステラを差し出したら、二口ですがこれも食べてくれました。

おおおっ、大進歩ぢゃーっっ。

とにかく今のモモには食べることが必要です。
この際何でもいい。
次の日、母がまた干物系を用意したら、ちょっとですが食べてくれました。
そしてなんとソーセージも。(←これがまた魚肉ソーセージさ。我が家の昼ごはん)

a0154801_9364589.jpg


夕方、寝ているモモに「モモ~、起きて来て皆でごはん食べようよ」と
無理と分かっているのに私は声をかけました。
いつも家族が食べる食卓の横に来て、おこぼれをもらっていたモモです。
むろん、モモは寝たままでした。

ですが、食事が終わって父がドアを開けたら、もーさんが廊下にいました!
寝床から自力で起きて歩いて来たようです。

ごはんが食べたかったんだね! 私のいう事、聞いてくれていたんだね。

急いで母がまた干物を焼きました。
ソーセージと一緒に食べてくれました。そしてなんと、大好きだった白米も。

どれも量的にはほんのちょびっとです。
でも、もう二度と食べないかもしれないと思っていたモモなので、
どれだけ嬉しかったか。

自ら動く気力はなく寝たままですが、
それでも食べればまた動けるようになるかもしれない。

a0154801_9371212.jpg


今は我が家は「世界はモモを中心に回っている」でございます。
気にかけてはやるのですが、コスモはロンリーなようです(苦笑)
モモを撫でていると、側にやって来てのびのび~を披露するんですよ。

a0154801_9375261.jpg


         (状況を理解しているのか、コスモは寝ているモモに決して突進とかして
         行きません。が、最初の頃一回こーして↑怒りの鉄拳がありました・苦笑)


のびのびご披露はもーさん直伝なんです。モモに「はい、のびのびして~」
と言うといつも見せてくれて(←大した芸ではない・苦笑)、それで
私らが褒めていたのをコスモが見ていて、あれをすれば褒めて
もらえるんだと学習したようです。


a0154801_9383563.jpg


        (相変わらず日々、もりもり食してくれるコス↑
        プリプリボディが悩ましいトコですが、食べてくれる方が有難いんですねぇ)


なので、構って欲しいとトコトコやって来て、
「あたしのびのびできるんですよ。見てください見てください」 とばかりに
側でのびのび~のびのび~するんですよ(苦笑) 可愛いなと思います。

モモとコスモを右と左でそれぞれ同時に撫でている時が、やっぱり幸せな時間です。

(お返事が遅くなってしまいそうなため、引き続きコメント欄は
閉じさせていただいております。また、皆様のブログにもなかなかお邪魔
できずに本当ーっに申し訳ありません!)
[PR]
by mo-cosmo | 2012-05-07 09:57 | モモ

モモの日々①

モモの病院通いは続いております。
時には毎日、時には数日置きで通ってます。
毎回胸に溜まった血を抜き、点滴を行います。
二日ほど間が開くと300mlも抜けます。
抜いても抜いても、溜まってしまう・・・。

a0154801_9203315.jpg


        (3月頃のもーさん↑ この頃は寝ているモモにこーしていたずらなんてしてました)

病気が分かってから、ほとんどごはんを食べなくなりました。
食欲がないモモのため、4/18に母がお肉のたたきを作ったのですが、
それを二切れ食べた以後、全く食べなくなりました。

水だけはガブガブ飲んで、いつもの水用の器では足りなくなり、
ラーメン用のおどんぶりで水を用意するようになりました。
それもすぐに少なくなってしまう飲みっぷり。

水だけでも飲んでくれるのはよかったのですが、
やがて水も飲めなくなってしまいました。
そのため、口の横から定期的に流し込んでやることに。

a0154801_9211140.jpg


抗ガン剤を一度打ってもらったモモですが、それから連日嘔吐
するようになりました。

朝4時、モモの苦しそうな声が聞こえてすぐ起きていくと、
ゲーと声を出しながら吐いていました。
あまりに苦しそうなその様子に、涙が出ました。

片付けをしてまた寝たのですが、30分後、またモモが吐きました。
立ち上がって吐くこともありましたが、その気力すらなくなり寝たまま吐くことも。

日に何度も吐きます。夜中でも、吐きます。
掃除が辛いなんて思いません。
モモはもっともっと辛い思いをしているのでしょう。

モモは今まであちこちで寝ていたので、家の中には5~6箇所寝床が
ありました。私の部屋にももちろんモモ用寝床がありました。
でも、頻繁に吐いて布団の洗濯が日々続いたため、私の部屋の寝床は片付けて
その毛布を替えに使うことに。

片付ける時、抵抗がありました。
もうモモが私の部屋に自ら歩いて来ることはないかもしれないというのを
認めるのが嫌で・・・。

           (↓コスモ、ときどきもーさんのお見舞いに行きます)

a0154801_921499.jpg


モモのごはん用食器も、消毒して奇麗にしてあるのに、使われないままです。
おトイレにも、定期的に父や母が抱いて外に連れて行かなくてはなりません。
自力でできますが、腰を落としたまま体を支えられなくてヨロけてしまうことも。

最初はモモに頑張ろうねと言っていましたが、それも言えなくなりました。
もう十分にモモは辛さに耐えているはずで、これ以上頑張れとは言えないのです・・・。

いろんな選択があると思いますが、うちはモモに無理な延命治療はさせないつもりです。
辛く苦しい思いをさせての治療は、モモが可哀相だと思うのです。

ただ、今のモモの苦しさ、辛さが和らぐよう、それだけは心がけてやりたいと思います。
とはいえ、手術ができない以上、今していること以外に治療はできないのが現状ですが。

a0154801_9222281.jpg


連日吐いたため、抗ガン剤も打つのは止めてもらいました。
そしたら数日後から、モモの嘔吐が止まりました。
ただ、打った抗ガン剤はきついものではないので、吐き気とは関係ないとのことでした。

夜、メガネを外すといつも同じところに大きな汚れが付いていて、
どこで汚すんだろ、と思っていましたが、ある時気付きました。
それは私の涙の跡だったようです。
毎日毎日モモを見る度に泣いて泣いて、それでメガネが汚れていたんですね。

私が泣いたってなんにもならない。
もっと辛いのはモモだと分かっているのですが、辛さは胸に押し寄せます。

ほんの一月前まではお散歩にも行っていたモモだったのに。

暗くなるエピソードばかりで申し訳ないです。
(写真だけはいつものもーこす風を心がけました)

だがしかしなんですよ!

二週間ばかし段々と悪くなるモモに心配し通しでしたが、ここに来て少し明るい兆しがーっ。
ということで、よろしければ、②にもお付き合いくださいませ。
[PR]
by mo-cosmo | 2012-05-07 09:33 | モモ

モモ、闘病

毎年、ワンたちとのお散歩コースで花見ができるのですが、
今年はゆっくりと花見ができませんでした。
もーさん、足が痛かったりしたしね。

a0154801_1953734.jpg


でも、桜の時期にはまだモモの病気に気付いていませんでした。

モモの発病は、本当に突然でした。
ほんの少し前までは、ごはんも食べて、お散歩にも行っていたのに。

肺の外に水が溜まっているとのことで、少し抜いてもらって、
落ち着いたかと思ったのですが、段々と悪くなっていき、
ほとんど動けなくなり、呼吸するのすら辛そうになりました。

a0154801_1961217.jpg


       (↑夜間、病院に行くことになった前日のモモ。この時にはもう本当は相当辛かったのでしょう)

苦しそうなモモを見ているのが辛くて、頑張っているモモの前で
声を上げて泣いてしまいました。

この約2週間、転医もしていろいろとあったのですが、全部書くと
長期連載になってしまいそうですので、結果ご報告だけを。

モモの体には次のようなことが起こっていました。

心臓の膜にガンができていて、それが破裂していたのです。
出血もして、浮遊物が浮き、肺の外に水も溜まっていたそうです。

ここ最近のことではないようで、きっともっと以前から悪かったんでしょう。
血や水が抜けるかどうか心配でしたが、数日前、それをようやく本格的に
抜いてもらいました。

300ml出ました。チアノーゼが出て口唇の色も変わり、酸素ボンベを
使っての処置でした。
それでも全ては抜けませんでした。
モモのガンは、手術はできないそうです。

溜まった血を抜いてもらうと、肺への圧迫がなくなって呼吸は楽に
なったようです。
この時は本当にホッとしました。

母が「どれくらい持ちますか」と先生に聞きました。
あと二、三日のこともあるかもしれない、と言われました。

でも、モモはまだ頑張ってくれています。

昨日も溜まったものを病院で抜きました。
今回は280mlです。たった数日でこんなに溜まってしまうんですね・・・。
抜いたものの色があまりよくない色とのこと(血が多かったようです)で、
やはり腫瘍が破裂しているような時の色とのことでした。
抗ガン剤も注射しました。

ごはんは全く食べてくれません。
流動食を無理にでも流し込んでいますが、それも一日に必要な量の
1/10も食べていないほどです。
そして、今日は1日中吐きっぱなし・・・。

a0154801_197190.jpg


            (↑首にはお守り代わりのものを母が装着)

毎日、モモを撫でる度に涙が流れます。
でも、モモは病気だと落ち込むのではなく、回復に向かうんだと
もう気持ちを切り替えようと思います。

後悔はしないよう、できるだけのことはしようと家族で決めました。

実はモモの治療に当たっては、何を選択するか決めなければならない
場面がありました。後悔はしたくなくて私は自分の意見を通してくれるよう、
親に頼んだのです。でも、その時はそれがいい結果になりました。

アニマルヒーラーのセミナーを受けた経験のある私と、同じくヒーリング
とかエネルギーについて興味を持っている母と二人で、それぞれにモモに
エネルギーも送っています。
専門にして下さるにもお願いして、していただきました。

私達の癒しのエネルギーが、モモにちゃんと届いているといいな。

もう一回、モモとお散歩に行きたいです。
シニア世代わんこですし、今は動けなくなっているから、
暫くシニア用のカートなんかもいるかもしれないなっ。

それでもいい。
それを押しながら、のんびりと暖かい日に出かけたいです。
もーさんいないと、コスモがまた牛さん散歩なんですよ。デブる、絶対・・・(苦笑)

モモ&コスモ。大切な大切な私の二頭です。私の宝物です。
モモとの時間、今は何よりも大切にしたいと思います。

(またしばらくパソコンを開く時間がないかもしれませんので、
前回同様、お返事が遅くなっては大変失礼なので、
コメント欄は閉じさせていただいています。また、皆さまの
ブログにもなかなかお邪魔させていただけず、申し訳ありません。
モモがもう少し落ち着きましたら、またお邪魔させていただきます!)
[PR]
by mo-cosmo | 2012-04-22 19:19 | モモ

モモ、発病

モモの具合が悪くなりました。
夜、突然にです。
何か喉につかえたみたいに、苦しんでいたのに父が気付きました。

その日は休日な上に夜。幾つか病院に電話をしてみましたが、どこも×。
ダメ元で直接行ってみたりもしましたが、やっぱり×。
診てくれる病院がなくて気だけが焦り・・・。

何とか診てくれる病院を見つけ、両親がモモを連れて行きました。
母からかかってきた電話では「モモ、大変なことになった」と。
心臓だか肺だかに水が溜まっていたようです。胃には空気もいっぱい。
レントゲンで臓器がはっきりと写らなくなっているくらい、
パンパンになっていたようです。

水を抜く時に、心臓が止まるかもしれないと言われました。

その夜は即入院でした。

でも、またモモ頑張ってくれたようです。
溜まっていた空気や水を抜いてもらって、ひとまず落ち着きました。

翌日に父が迎えに行きました。

引き続き入院とも言われたようなのですが、モモに入院は、
恐らく余計に負担がかかるだけでしょう。
家で様子を見ることにしました。

今はまだ、詳しいことが判りません。
抜いた水の病理検査の結果が出てから、今後のことを考えることになりそうです。
結果報告を聞きに行く時には、私も行こうと思います。

暫くの間パソコンを開く時間がないかもしれません(ので、お返事が遅くなっては
大変申し訳ないので、今回、コメント欄は閉じさせていただきました)が、
落ち着きましたらご報告させていただきたいと思います。

もーさん、頑張ろうな!
[PR]
by mo-cosmo | 2012-04-10 19:49 | モモ

もーさんとラブパシャ

ブログのため、ワンたちの写真は結構パシャパシャと撮りますが、
よーく考えたら飼い主&ワンズの2ショットとか3ショットとかは
ほとんどナーッシング!

そりは寂しいではございませぬか。

ってコトで、よし、ワンたちとのラブラブ2ショットを撮ろう!
とか、ある日ふと思ったんデスよ。

a0154801_16542991.jpg


第一弾ターゲットはモモ
さあモモ、撮るよ。

a0154801_1742665.jpg


この世の終わりみたいなもーさんの顔(苦笑)
モモはスキンシップが大嫌いです。

a0154801_16553778.jpg


どんな扱いにも、ひたすらひたすら耐えるモモ。

a0154801_1703629.jpg


早く試練(またはゴーモンとも言う)のお時間が終わって欲しいです、
みたいなもーさんでした(苦笑)

我が家は、憧れのワンズとのラブラブ2ショットはまだ当分無理
そーです。しくりん。

a0154801_165627100.jpg


        (↑スカートの裾を噛みまくりのコスモ。いくらバーゲンで半額で
         買ったワンピとはいえ、それはないっすよ、コスモさん)

ん~、でも、ザウルスなあーたと撮る方が、もーさんとよりも
もっと難しいと思うわけよ、私は(苦笑)

まっ、その内もー&こす&私のラブラブ3ショットを撮るのだ~!
[PR]
by mo-cosmo | 2012-03-18 17:06 | モモ

モモ、復活

さて、手術翌日、モモを迎えに行きました。
モモに会いたくて会いたくて、仕方ありませんでした。

モモは、回復していました!
術後でもっとぐったりしているかと思ったのに、
ちゃんと自分で立って、歩けます。

摘出した子宮を、先生が見せてくれました。
4倍に腫れているとは聞いていましたが、素人目には
そんなもんじゃない。4箇所くらい腫れていましたが、
一番腫れていた箇所は十倍、二十倍になっているんじゃないかと
思う程でした・・・。
拳くらいあったのです・・・。

モモはどうも一晩寝ておらず、ずっと立っていたようです。
モモよ・・・手術直後だってのに・・・。

普段は大人しいのに、こういうトコは神経質わんちゃんです。
気が強いんですねぇ。
出していただいた朝ごはんも、全く食べなかったそうで・・・。

朝・晩のお薬(一日に計五個飲みます)と、消毒薬が出ました。

            (ナースなコスモ↓ 傷跡チェックしてます)

a0154801_8144173.jpg


家に戻り、まずはもーさんのお洋服試着開始。

我が家の二代目ワンは、手術の後で自分で抜糸してしまい、
再度縫い直したことがあります。(ひぃ~っ・苦笑)

神経質モモもやりそーだったので、母がガーゼで洋服もどきを
作りました。エリザベスカラーは、モモには負担になるかと・・・。

a0154801_8153346.jpg


どっからも舐められないように、スッポリと腹を覆う作りです(笑)

洋服大っ嫌いモモなのに、これは全然気にしませんでした。
着せている時も、結構時間がかかったのに、非常に大人しく
しててくれました。

不思議なのがコスモザウルス。いつもちょっとでもモモに
構っていると飛んで来てガウるのに、今回は遠くから見るだけ。
何となく分かるのかなぁ。

a0154801_8161616.jpg


とにかく喉が渇いていたようでお水ガブ飲みだったので、
牛乳(普段は飲まないのですが)をやってみると、三杯おかわり
するくらい飲みました。(むろん、少量にしておりますです~)

そして手術前には全く食べなかったジャーキーも、パクパクッと
ざっと二十本(ミニサイズ)を召し上がり。

モモの夜ごはんは、大好きなお魚にしてやりましょう。

で、買い物に行った私。食べるかどうか分からなかったけど、
おやつに焼き鳥を1本買って帰りました。
串から外して、タレを洗い流してやってみると・・・瞬食でしたーっ。

a0154801_8173142.jpg


(↑あーたの手術費で、我が家は今月大ピンチですがなっ・苦笑)

おおっ、もう完全復活じゃないの! 手術前の様子が嘘のような食欲。

何より、顔が違うんですよ。キラキラ復活! (笑)みたいな感じで!
「最近、モモお年寄り顔になったねぇ」なんて家族で言っていたのですが、
それは多分子宮蓄膿症で弱っていたからなんでしょう。

a0154801_8181047.jpg


犬の回復力の速さに、改めて感心しました。
コスモでさえ、避妊手術の翌日はまだどんより~でしたのに。
(但し、翌々日からはコスモザウルス復活で「開く! 傷口が開くから
そんな暴れない!」と言っておりましたが・苦笑)

とにかく、今までの分を取り戻すかのような食欲です。

ただ、やっぱり数日はまだ本調子ではなかったみたいで、
ずーっとお部屋で寝っぱなしでしたが。

かなり大きな傷口で毎日消毒が必要でしたが、奇麗に塞がって
きました。

あまり傷跡を気にしなかったので、途中からガーゼを貼るだけでも
OKになりました。

お散歩も、さすがに手術後数日は行けませんでしたが、
どーしても行きたがるので、数日後には普段通り行くようになりました。
(もーさんに隠れてこっそりコスモだけ行っておりましたが、
帰って来た時に見付かったりすると「次、わたしの番ですよね」と
嬉しそうな目をしていたのが、ちょっち辛かったのですが・・・)

a0154801_819318.jpg


お外大好きも健在で、外に出たがります。ただ、ガーゼが取れたりして、
傷口に土とか付いたりしていないか、何度も何度も見に行かなければ
ならなかったのですが・・・。

本当に手術までの時間は心配でした。若いワンちゃんなら乗り越えられる
ことも、高齢になってきたモモには難しいこともある。
でも、本当によく乗り切ってくれたと思います。

a0154801_8201176.jpg


皆様に優しいコメントをいただき、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

モモを連れて帰った時、ふうくんの母さまから素敵な贈り物が届いていて、
私の心を明るくしてくれました!
ふうくん母さま、ありがとうございました。
次回、ご紹介させて下さいませ~。

しかし、相変わらずモモは知能犯。薬嫌いで何に混ぜても食べてくれない
ので、強引に飲ませるしかありませんでした。

喉の奥に入れて、父が飲ませます。
なかなかゴックンしてくれません。モモvs飼い主の根競べ大会。

舌がペロッと出て、よし飲んだかな?というタイミングで、大好物の
サキイカを差し出します。(←もちろん、犬にこんなものをやっては
いけないことは分かっているのですが、とにかくモモはイカが好きなんです。
今回は緊急事態ということで、薬を飲んだ後に誤魔化すためにちょびっと
やっています。海産物シリーズがとにかく好きなモモ・・・) 

モモ、大好きなサキイカを食べます。そして父が部屋を出ます。
そしたら、モモ、 「ぺっ」と。・・・床には白い錠剤が・・・。

どーいう技だよ! もーさん(苦笑) 
イカを食べる間、薬をどこに隠してたーっ!

a0154801_8222239.jpg


遊ばれている飼い主です・・・(苦笑)
[PR]
by mo-cosmo | 2011-08-10 08:32 | モモ

モモ、頑張りました

全く予期せぬ事でした。突然のモモの手術です。
子宮蓄膿症。

モモは避妊手術をしておりません。だから、高齢になり、
その危険性がある事は、承知していました。

保護されて我が家にやって来たモモは、その性格を見た両親が、
避妊手術を受けさせるのは無理だろうと、当時判断したのです。

今までの我が家のワン達は避妊手術を受けていますが、
モモに痛い思いをさせることは、余計にモモの心に傷を付ける
ことになると思ったようです。

最近のモモはごはんもよく食べて、お散歩にもさくさく行っており、
予兆は全くありませんでした。

それが突然、ごはんを全く食べなくなったのです。

1日全く何も食べなくなることは、モモは2~3カ月のペースで
定期的にあり、今回もそれかと思っていました。

a0154801_8355010.jpg


けれど、今回は翌日も食べませんでした。
いつもは、翌日には食べてくれるんです。
それが、今回は好物のジャーキーやかつおのたたきでも×。

そして、水を飲む回数が増えました。

多飲・・・飼養管理士の勉強をしていた時の知識からして、
どうも子宮蓄膿症の症状に似ている感じです。

嘔吐もしました。

病院へ連れて行きました。嘔吐の写真も持参しました。

a0154801_8362789.jpg


やはり、先生も一番疑わしいのは子宮蓄膿症とのこと。

だけど、ここで私大反省。前回のモモの発情期がいつだったか
訊かれたのですが、・・・答えられませんでした。

何月だったか、覚えていない・・・。ここ1~2カ月のことでない
のは確かですが、具体的な期間を覚えてはおらず・・・。

これは大失態だ。
日頃のこうしたことをちゃんと記録しておかなければならないのに。

血液検査をしました。
先生が細かく結果データを説明してくださいましたが、
白血球が子宮蓄膿症ほど増えている感じはないとのこと。

悪かったのは、肝臓値。黄疸も出ているそうです。
血糖値も空腹時にしては高い。

レントゲンを撮ることに。

この時映ったものは、腫瘍か膿か、腎臓か、などはっきりとしたことが
分かりませんでした。

取り敢えず、その日は点滴を受けました。
皮下注射で水分を補給。

a0154801_83753.jpg


背中がぽっこりになりました。半日くらいで、吸収していくとのこと。

a0154801_8373664.jpg


翌日も点滴を受けるため、父が病院に連れて行ったのですが、
急遽、超音波検査を別の病院で受けることになりました。

両親が連れて行き、戻って来て私が聞かされたのは、やはり子宮蓄膿症で
間違いないとのこと。
子宮が通常の4倍に腫れていて、すぐに手術が必要とのことでした。

子宮蓄膿症でも白血球が増えない場合もあると聞いていましたが、
増えない方が悪いのだそうです。
相当痛いはずとのことでした。

私、泣きそうになりました。
何でこんなになるまで気付いてやれなかったかと・・・。

犬は、自分の弱みを見せないために、痛くてもそれを隠す
ことは判っていたのに。
全くごはんを食べられなくなるまで、気付いてやれなかったなんて。

膿も出なくて、何の予兆もありませんでした。
でも、どれだけ辛かっただろう・・・。

ごめんね、モモ。
ごめんね。

翌日の手術までの時間、モモの様子はやはりいつもとは違いました。
私が近寄っても、目を閉じたまま。いつもはすぐに開けるのに。
顔を上げたままでも、自然と目が閉じてしまう。

a0154801_8381563.jpg


相当辛くて、痛かったんだと思います。

a0154801_8394499.jpg


それでも外にいたがるので、何度も何度も、外に見に行きました。

モモが頑張れるように、私なりにモモのヒーリングも行いました。
こんな時に、せめて少しでも楽にしてやれるように、
アニマル・ヒーラーの勉強を始めたのに、でもモモの痛みを全部取って
やることはできない・・・。

そして、両親が病院に連れて行きました。
預けて帰る時、モモは帰りたがったそうです。
心細かったんでしょう・・・。
モモにとっては、初めてのことです。

モモがいない間も、つい外にモモを見に行こうとして、
ああ今はいないんだ、と思いました。

a0154801_8411550.jpg


高齢で子宮自体が弱くなっているので、リスクが高い手術だと
言われました。それでも、受けさせないわけにはいきません。

でも、夕方、無事終わったと電話で確認が取れ、ホッとしました。

モモ、頑張ってくれて、ありがとう。

すぐにでもお迎えに行きたいところですが、一晩はお泊りです。

a0154801_8421180.jpg


長くなってしまいましたので、お迎え編は次回にしたいと思います。
[PR]
by mo-cosmo | 2011-08-06 08:52 | モモ

モモ、手術

モモの容態が悪くなりました。
(乳腺腫瘍とは関係ありません) 
子宮蓄膿症です。

緊急に手術を行う必要がある、と言われました。
高齢で、リスクが高い手術になるとも言われました。
でも、モモ、頑張って手術を乗り切ってくれました。

しばらく、しっかりと見守ってやりたいと思います。
(皆様のブログにお邪魔するのが、少しばかり遅くなってしまう
ことがあるかもしれません・・・。申し訳ありません・・・)

落ち着いたら、またご報告させていただきたいと思います。
[PR]
by mo-cosmo | 2011-07-30 09:46 | モモ

もーさん、お耳に異変

夜。
突然モモが耳を何度も掻き出しました。

結構繰り返すので気になって、懐中電灯で照らしながら、
家族で診断。

でも、よく見えない。

綿棒でお掃除したりしてみましたが、汚れている風もなく、
・・・よく分からない。

大丈夫かなと思いつつ、隣の部屋に行くというので行かせて
暫く一人にしといたら。

ガタンッ。
ドス、ドスンッッ。


とかって音が、もーがいる部屋から!

あいや~っ、何事っ? と思って行ってみると、
モモが飛び出て来て、頭を、
ブンブンブンブンブンブン、
って、何度も何度も・・・。

あああ。

こんな様子は初めてで、これはもう猶予ならんってコトで、
家族が病院に電話。
なんとかまだ開いてる感じだったので、即効行きました。

但し、ワタクシはお留守番。
コスと。

おこすのお守り担当です。

おこすのお留守番、ふてくされ模様は、近い内に別ブログに
UPしよーと思っております。

で、もーさん。
行っている間は、何だろうと待ってる方はずっと心配でしたが
(携帯電話、家族が置いてくんだもの・・・。連絡取れないし!)、

意外に早く帰って来て、びっくし。

で、結局、

「何でもなかった」

と。

・・・っ?

じゃあ、あの騒ぎは何だったんだい、と。
ワタクシの心配心はどこにやれば、と(笑)

でも、よかったー、一安心です。
ほーっ。

虫とか入っていたのかもしれない、とのことです。
出てからも、暫く違和感が残るらしーです。

大の苦手の車に乗せられたので、おとなしモモさんも帰って来た時には、
かなりのコーフン状態に。

行く前は、
「大好きです~ぅ、こーいうの」
と、喜んで食べていたイワシのおやつをご機嫌取りにもう一回やったのに、

「もーいりません。二度と食べません」

みたいな感じでスルーされました・・・。

昔っからモモは、嫌なことをされると、物を食べなくなるんです。

仕方ないじゃん、あんたのためだよ。
飼い主の心、犬知らずです(苦笑)

   お疲れ時のもーさんはこんな感じに。
   ちょっと目がうつろ系に・・・。  
a0154801_21323837.jpg

[PR]
by mo-cosmo | 2010-04-20 21:56 | モモ

おとなし系モモと怪獣系コスモのわんコロ日記(notes)


by mo-cosmo