「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モモ、手術

モモの容態が悪くなりました。
(乳腺腫瘍とは関係ありません) 
子宮蓄膿症です。

緊急に手術を行う必要がある、と言われました。
高齢で、リスクが高い手術になるとも言われました。
でも、モモ、頑張って手術を乗り切ってくれました。

しばらく、しっかりと見守ってやりたいと思います。
(皆様のブログにお邪魔するのが、少しばかり遅くなってしまう
ことがあるかもしれません・・・。申し訳ありません・・・)

落ち着いたら、またご報告させていただきたいと思います。
[PR]
by mo-cosmo | 2011-07-30 09:46 | モモ
最近、ブログが毎回長くなっております。
字も多くて、すみません~。

ちょっと前になりますが、モモ、病院に行ってきました。

私は行けなかったのですが、乳腺腫瘍(モモは胸にしこりがあり、
恐らく乳腺腫瘍だといわれ、手術をすることになっていました。
けれど、当日になって腫瘍と思われる部分が小さくなっていて、
手術しなくてもいいことになったという経緯があります)が
どうなっているのかずーっと気になっていたので、
「よく診てもらってきてね」と家族に念を押し。

(相変わらず、モモは外に出たがります。↓ よっぽど外の空気の方が
いいよーです・苦笑 空気や風を感じて、日々風流に過ごしております)

a0154801_94258.jpg


結果は、現状維持といいますか、一先ずこのままでOKとのことでした。
すぐに手術をしなくてはいけないとか、そういう進行はしていないようです。

モモは毎日はりきってお散歩に行きます。コスモよりもさくさくです。
だけど、やっぱりシニア世代に入っていることは間違いありません。

後ろ足がブルブルと震えます。これは、以前飼っていた、
G,レトリーバーもシニアになって出てきた症状です。
その時のお医者さんに、人間用のある薬が効くことを教えてもらっており、
モモにもそれを飲ませています。

コスモと違って、モモはクスリには超敏感です。
(こちら、お薬と食べ物の区別が付いていません↓・苦笑)

a0154801_9433949.jpg


どんなに好きな物に包んでも、絶対に食べません。騙されません。
くーっ。

なので、いつも父が強制的に飲ませるのですが、その後、モモは
拗ねモモになります。
拗ねて、どんな好物のおやつを差し出しても絶対に食べてくれません・・・。
気難しいわんちゃんです(苦笑)

目も白内障かなぁという感じで白濁してきている気がします。

硬い物はほとんど食べなくなりました。
昔はガム、好きだったのになぁ。
大好きなささみのジャーキーも、大きなままやるとプイ、です。
小さくしてやると、食べます。

顔もやっぱり年を取ったなぁと思います。
特に今は夏毛で全体的に毛が少ない時期なので、
何だか貧相わんちゃんの様相に(笑) 
(これはまだ毛が抜ける前ですが↓)

a0154801_9443776.jpg


相変わらず一人になれるトコばかり探して一人ぽっちが好きな
もーさんですが、なるべくちょこちょこ様子を見に行って
(わりと嫌がられますが・苦笑)、変化がないか見るようにしています。

ついでにぎゅう~なんて抱き締めたりもしますが、現在毛がすごく
抜ける時期+私が汗をかいているので、いつも私の顔中毛だらけに
なります(苦笑)

もーさんとこっそり愛の時間を楽しんでいる(←モモは楽しんでおらず、
私だけ・笑)と、必ずコスモが嗅ぎつけてきて、邪魔します。

あ、ちなみにこの前、珍しくコスモがモモにひどく怒られたそうです。家族談。
伏せしているモモの懐近くに転がっていたものをコスモが食べた時、
モモが何も怒らなかったので、翌日もコスモ、調子に乗って同じ事をしましたら、
今度はモモにえらく「ガウッ」とされたそーです。

仏の顔は一度だけ、のもーさん↓。

a0154801_9451355.jpg


コスモはボーゼン(苦笑) しばし、動けなかったみたいです。

a0154801_946478.jpg

         もーちゃん、大人げないですよ
        あたし、お子さまなんですから、そんなガウらなくても!
        ビビリましたから!
        ね、トリケラちゃん!


さて、後半は〈英国紀行4 ~チェスター編~〉でございます。
お時間のある方は、見てやって下さいまし。

英国滞在4日目は、チェスターへ。

a0154801_947251.jpg


旧市街をほぼ完全に取り囲んでいる城壁と、城壁の中に並ぶ黒い木骨組と
白壁のチューダー様式の建物が有名な、中世の面影を濃く残した街です。

a0154801_9474596.jpg


イーストゲートの上には、ヴィクトリア女王即位60周年の時計台もありました。

a0154801_9483238.jpg


ザ・クロスという小さな塔があり、その十字周辺には二階部分の
バルコニーが繋がって通路となり、ショッピングアーケードに
なっています。(ザ・ロウズとゆーらしいです)

二階が繋がってるって、珍しいですよねー。
チェスターには、ローマ時代からの遺跡も、ありました。

その後、ウェールズのスランゴレンへ。
世界遺産・ポントカサルテの水道橋を見に行きました。

日本ではあまり馴染みがない運河には、かわいいナローボートがたくさんです。

a0154801_950922.jpg


鳥さん親子もたくさん見ました。

a0154801_9505248.jpg


世界遺産を歩いて渡る・・・のですが、何気なく橋を歩き始めた私、
1/3も行かない内に側の鉄柵を握り締め「・・・私、帰ります」と!(笑)

高いの、これ! 写真では伝わらないですが、相当の高さがあるんですよ。

そして鉄柵だから、下は丸見え。そして反対側は柵なしで運河。
幅も人とすれ違うのが何とかできる程度。

ワンちゃんとかさくさく進んでいましたが、私は無理だーっ。
えー、なのでこの先の写真はありません(苦笑)

a0154801_9522736.jpg


はい、そしてこの日の宿泊は、待ちに待ったマナーハウス!
昔の貴族や領主の館がホテルになったものなので、ここに泊まるのを
すごく楽しみにしてたんですっ。

まず驚いたのが、広さ。ホテル敷地入り口の看板を見てから、
延々とバスは進んで行きます。
ホテルの建物まで、とても歩いて行けるような
距離じゃございやせん。

で、ようやく着いたのがここ!

a0154801_9535923.jpg


外観、ロビーなどは本当にタイムスリップしたかのような様相。
豪華で素敵素敵~。

a0154801_10114269.jpg


ホテルの裏側~。

a0154801_955818.jpg


ここはとにかく、お庭が最高でした。
今回の英国旅行で、一番奇麗だと思った場所なんです、実は。

モモとコスモとこの庭園(庭といっても、先が見えないくらい広っ!)を
毎日散歩できたら、どれだけ幸せかなって思いました。

a0154801_9562279.jpg


全ての感情が浄化されていくような、自然のエネルギーに満ちた空間でした。
ここは、また絶対に行きたいなっ。

あまりに感動したためか(苦笑)、私、鼻血を出し、シーツ汚した・・・。
がーんっ、ですよっ。
そんなコーフンせんでも!
(私、しょっちゅう鼻血出すんですが、最近は止まっていたのに・・・。
なんでイギリスまで来て再発するのよ・・・)

あと二回で連載終了したいと思いますが、もう少しお付き合い下さいまし~。
[PR]
by mo-cosmo | 2011-07-27 10:31 | いろいろTalk
まずはこれ!

なでしこJAPAN、優勝おめでとう~っ。

世界一! すご過ぎる~っっ。
同じ日本の女性であるということが、誇らしく&嬉しく思えましたもん!

本当に素晴らしかった。もーTV見てて、朝から叫んでしまいましたよ(笑)
この感動は、暫く続きそうです!

さて、6月くらいから、コスモのアレルギーがまたちょっとひどくなっております。

ヒィィ~ンッと激しく鳴きながら口周りを必死に掻きます。
赤くなり、毛が抜けて、ハゲまで秒読み開始、みたいになっていき・・・。
一応オンナノコなのに、顔周りにハゲをこさえるのは・・・。
アレルギーを起こす食べ物は徹底して排除しているのですが・・・。

ということで、大嫌いな車に乗って、先日病院に行ってきました。

a0154801_20115647.jpg


足や顔周りの付着物を顕微鏡でチェック。
以前はマラセチアが増殖していて痒くなっていたようなので、
今回もそうだろうと思っていたのですが、今回はマラセチアは検出されず。

他にも原因となるような菌はいなかったみたいです。
痒くてあちこちで顔をこすこすするので、ばい菌は若干いたそうですが。

ということはですよ! かゆかゆの原因が分からないということですよ! 

a0154801_20132866.jpg


これには先生も困った(苦笑) 
コスモは環境アレルギーもいっぱいなんですが、草、雑草、樹木とかの中でも、
×なものがいくつもあり、全てを排除するのは難しいのです。

一先ず痒み止めのお注射を。
ブスッとされても、コスモは微動だにしません。
えー、肉厚なので、痛くない模様です(苦笑)

で、先生からの提案で、今までとは薬を変え、アトピー性皮膚炎の
治療薬を試してみることにしました。

一週間飲んでみて効果があれば継続。なければ、また別の治療かな・・・。

これ、お値段がセレブ価格・・・。一日800円なんすよ!

a0154801_20141993.jpg


毎日800円・・・。
ちょっとー、そんな高いお薬なんて、私でも飲んだことないわよ(苦笑) 
くっ、天にコスモへの愛情を試されている?

お薬を確実に飲ませるために、普段はやりませんが、減塩ハムに
くるっとして、飲ませています。
はい、さくっと丸呑みですよ。

なので、薬を出しているといそいそとやって来て、今ではお薬時間を
楽しみにしているコスモです。

a0154801_2015517.jpg


いやしんぼは健在なのさ・・・(苦笑)

後半は〈英国紀行3 ~湖水地方 後編 ~〉でございます。
お時間のある方はちょこっと見て行ってくださいましね。長いですが・・・。

湖水地方二日目は、ピーター・ラビットの作者・ベアトリクス・ポターと
英国ロマン派詩人ワーズワースゆかりの地
を訪ねます。
まずは〈ベアトリクス・ポターの世界館〉からです。

a0154801_20161715.jpg


ピーター・ラビットなど、ポターのキャラクターのアトラクションです。

んー、興味のない男性方にはちとキツイかな(苦笑)
↑こんな感じでいろんなシーンが再現されています。
本物の小さなピーターのお庭とかもあるんですよ。

私は特にピーター・ラビットが好きだったわけではないのですが、
映画〈ミス・ポター〉を見た辺りからピーターさん注目株に(笑) 
なので、買ってしまいました!

a0154801_20165249.jpg


ワンたちへのみやげ品、予想通りもーさんは興味を示して下さらず、
現在、コスモのものに(苦笑)

次は詩人ワーズワースが1799~1808年まで暮らしていた家。
ダヴ・コテージ。

a0154801_20173753.jpg


えー、すみません。教養なきものでございまして、私、
この方存じ上げませんでした(苦笑)
英国好きとか言えないぞよ。

17世紀初頭に建設されたお家らしく、昔の英国のお部屋とか
家具とか見ることができました。
ワーズワース博物館にも行きました。

湖水地方のリバーサイド散策もしました。

英国といえば、フットパス。(ウォーキング用の遊歩道)
どーしても一度フットパスを歩いてみたかった(本当はコッツウォルズの
フットパスを歩きたかったのですが)ので、嬉しかった!

フットパスといっても、きちんと舗装された道ではもちろんなく、
なかなかに歩くのがタイヘンな箇所も。
(靴、ドロドロになりやした・・・)

でもこのウォーキング時間が、素晴らしかったです。

もちろん、フットパス以外でも、湖水地方はとにかく目に入る全ての自然が奇麗。
木、草、花、湖、鳥、全ての自然が一つに調和しています。

a0154801_2019064.jpg


自然がこんなにも安らげるものだなんて、初めて実感したかもしれません。
一時間でも二時間でも、ただ眺めているだけでもいい。

このウォーキングは本当に素晴らしい体験でした。

ワンちゃんもお散歩していました。明るそうなおばさまのジャックラッセルに
笑いかけてみたのですが、「ガゥッ」とやられてしまいました、あたくし・・・。しくっ。

そしてこの日は、英国の一般家庭を訪問させていただきましたー。
こちらでは日本と違って、新しい家より古い家ほどいいんですって。

お訪ねしたのは、すでに現役を引退された、素敵な老ご夫婦の
古くて大きなお宅でした。

全てのお部屋を余す所なく案内して下さりましたが、とにかく素敵素敵! 
カントリーに憧れる女の子なら誰でも「うわぁ」って見惚れちゃう感じです。

こんな物語の中に出て来るようなお家やお部屋で、
本当に暮らしている方がいるなんて~!

婦人が幼い頃に使っていた木馬とかも見せていただきました。
写真もOKで、たくさん撮らせていただきました。

奥様手作りのスコーンやケーキで、本場のご家庭のティータイムも、
体験させていただきました。

a0154801_20204062.jpg


そして、英国といったらガーデニング。
本場のイングリッシュ・ガーデンを見せていただきましたよ。

a0154801_2022288.jpg


とーっても素敵でした。
作り込んだかっちりしたお庭よりも、私はこうした自然を感じる、
(でも手入れはされている)イングリッシュ・ガーデンが大好きです。

バラも奇麗に咲いていました。

a0154801_2022453.jpg


日本みたいに、いろんな肥料をやったりすることはないんですって。
お庭の構成も育て方も、できるだけ自然にしているようです。

とっても素敵な訪問になりました。
一緒にお写真も撮ってくださり、本当に素敵なご夫婦でした。

日本人のゲストをもう2000人ほど迎えられたそうですよ。

さて、この日の晩ご飯は、名物なあれです。

a0154801_20232153.jpg


フィッシュ&チップス。
ちなみに、私の嫌いなグリーンピースも、イギリスでは出まくりましたよ・・・。
お味は、まぁまぁ、まぁ・・・。

この日は他にも素敵なものを見ました。
これ、小学校なんですって。何かかわゆい~。

a0154801_2241041.jpg


この学校に通ったというガイドさんに湖水地方を案内して
いただいたのですが、湖水地方は本当に日本人が多く来るそうで
「日本はカラなんじゃないか」と思う程だそうです。

本場ジンジャーブレッドも試食させていただきましたが・・・ごめんなさい、
試食食い逃げで買いませんでした(苦笑)

お花の苗やガーデニンググッズのお店もあり、見ているだけで楽しかったです。

自然豊かな地方なので、あちこちで羊さんや牛さんをよっく見ました。

a0154801_2026433.jpg


なんでしょう。
以前、ニュージーランドに行った時にも羊をたくさん見ましたが、
あの時はそんなに思わなかったのに、ここの羊はとにかくかわいい、かわいいっ。

バスからいくら眺めても飽きなくて、ついにこんなんまで買ってしまいました(苦笑) 

a0154801_20263959.jpg


本文英語はさっぱり分からんですが、写真だけでOKさー。
かわいい写真に、帰国後も癒されております。

英国紀行4 ~チェスター編 ~に続きます。

余談:この日聞いて驚いた昔の話。
紅茶を1杯、2杯・・・と飲んで、その茶葉を乾かして他の人に送る。
そんな人がいたみたいですよ。
昔、紅茶の茶葉って、高級品だったんですねぇ。
使用後乾燥茶葉ってどんな味だか気にはなるわね!!(笑)
[PR]
by mo-cosmo | 2011-07-18 21:02 | いろいろTalk
モモコスモも、よく寝ます。
寝る子はよく育・・・ちすぎた典型のコスモさん。↓

a0154801_17494486.jpg


ちょいと! その口のはしっこの白いの、なんですかー!

ぬぬ、おぬし、またやったなーっ?

a0154801_1750724.jpg


ティッシュの切れ端に違いなく、っつーことは、またしてもティッシュかみかみ
行った、と!!

くぉらーっ。
コスモはゴミ箱に入り損ねて縁に引っかかっているティッシュとか見ると、
「やたっ」とばかりにくわえて行って、ビリビリにするんです・・・。

モモもティッシュビリビリは密かな楽しみですが、こちらは絶対に人が
見ていないトコでやらかします。
しかも、私の部屋限定。

a0154801_17521847.jpg


こちら、知能犯です(苦笑)

さて、先日写真のデータを見ていましたら、コスモの誕生日にUPしたもーさんとの
ちっす♪写真のすぐ前に、こんな一枚がありました。

a0154801_19201722.jpg


はっはぁ。とゆーことはですよ。
コスモのおちりをクンクンしたそのお鼻で、その後すぐにコスモと鼻キッスを
してくれたのですね、モモさん。
んもぅ~(苦笑)

学生の時、衛生検査とかで頭髪検査、持ち物検査、爪の長さチェックとか
あったなぁ・・・。

さて、〈英国紀行2  ~ 湖水地方 前編 ~〉でございます。
お時間のある方は、見てやってくださいましね~。
(えー、すみません、連載は5か6くらいまで続くかと・・・)

a0154801_17591582.jpg


英国滞在二日目からは、湖水地方へゴー。

ピーターラビットの作者、ベアトリクス・ポターで有名な、
昔ながらの美しい自然の残る場所です。

カンブリア山地を中心にして、氷河の侵食によって出来た深い谷が
放射状に並び、宝石のような美しい湖が幾つも点在しています。

もちろん、イギリスに行く前に、映画「ミス・ポター」見ました!
(映画はフツ~でしたけども・苦笑)

午前中、駆け落ちの名所とかゆーグレトナ・グリーンを通りながら、
スコットランドからイングランドへ。
その国境付近でパチリ。
(すみません、ちょっと訳あって修正してますが・・・)

a0154801_18574445.jpg


書いてある通り、スコットランド側の最後のおうちですって~。
この先、イングランド領です。

といっても同じUK内、バスでビュンッと通るだけで、国境でも審査も何もありません。

バスでは景色も楽しみましたが、英国ってやっぱりガーデニングの本場だけあって、
家やお店に飾られているお花がとっても奇麗でした。

a0154801_1872786.jpg


この日は憧れのアフタヌーン・ティーでランチだっ。

まー、あまし豪華ではありませんでしたけども(苦笑)

生クリームとバターがかなり&相当好きな私、ついに本場のクロテッドクリーム
食べましたっ。

a0154801_18102234.jpg


日本で食べたのよりももーっとあっさりとしていて、
こらもういくらでも食べられるゼ、とゆー感じ。

テーブルご一緒した方々が、私より年上の方ばっかりだったせいか、
あまし皆様クリームを召し上がらなかったのと、
「私、これを食べるのが夢だったんですっ」
(↑お値段的にはチープな夢・笑)と力説したせいか、
人より多くスコーンとクリームをいただいてしまいました。

最後なんて、スコーンないのに、こっそりクリームだけいただくという、
無作法も・・・。(だって本場モンなんて、次はいつ食べられるか分かんないし!)

ランチの後は、湖水地方最大の湖、ウィンダミア湖クルーズ。

船着場の辺り、鳥さんが大量にいました。

a0154801_18154966.jpg


えー、当然鳥さんの落し物なフンが、そらもうあちこちに・・・。

歩くのがタイヘンでした(苦笑)

散歩中のワンちゃんがたくさんいましたが、ヘーキで鳥の近くを通ります。

さすが動物愛護の国、こんな看板も。

a0154801_1817165.jpg


船でゆったりとクルーズしました。
湖近くのお家の方、毎日素敵な湖の眺めを満喫してらっしゃるんでしょうねー。

a0154801_18182966.jpg


船を降り、レイクサイドという所で蒸気機関車に乗車。
レヴァン渓谷を走るレイクサイド&ハーバースウェイト鉄道。

やえもん?(←と、年が~~っ) いえ、トーマスですね。

a0154801_18234144.jpg


レトロな列車で、18分程のミニ・トリップ。

アガサ・クリスティーが大好きな私なので、昔の英国を感じられるものは大好きです。

こんな感じの窓際も、外国っぽくて素敵。

a0154801_18245761.jpg


ちなみに汽車を降りると、近くのお店?に、なぜかフクロウがいました。

湖のほとりの街、ボウネスでフリータイムの後、お夕食はマスのグリル。

おお、魚なら食べられると思っていたのですが・・・ん~~ムリ~(苦笑)
若干、魚がくしゃい・・・。

独特の臭いがあって、日本人にはちとキビシイぞ、と。

この日はケズウィックで宿泊。

はい、これがホテルです。

a0154801_18272082.jpg


日本ではない感じのホテルですよねー。

夜10時くらいでも、まだうっすらと明るいんですよ、外。

可愛いお庭があり、9時過ぎでもクロケットとか英国紳士の皆様(?)されて
おりました。部屋からこっそりと覗き見させていただきました(苦笑)

私、疲れ回避のために毎晩9時半前後には寝るようにしていたので、
明るい内から寝ることに・・・。

その代わり、朝は5時くらいから起きました。

そしたらなんと、早朝、ホテルの庭園で野生(と思われる)のウサギを発見ー!

おおっ、本物のピーターラビットさんじゃないの!

とコーフンし、写真に収めよーとしたのですが、こんな後ろ姿しか・・・。

二羽で走り回ってて、本当に可愛かったです。

a0154801_1831191.jpg


英国ネコさんも出現。

こっちはかなり人馴れしているよーで、私の足元に寄って来て、
すりすり、すりすり~。
ワタクシ、かなり気に入っていただきました(笑)
でもごめんよ、何も持ってなくて。
んじゃ、媚びるんじゃなかった、とか思われたかも~(苦笑)

a0154801_18321094.jpg


ちなみに、このホテルから出したポストカード、日本に着いたのは約20日後くらい
でした・・・。のんびりな英国郵便事情(苦笑) 帰国日にロンドンから出した郵便も、
二週間以上経ってもまだ届きませんよ~。

翌日も湖水地方を回りましたので、後編に続きます。
[PR]
by mo-cosmo | 2011-07-08 19:09 | いろいろTalk

おとなし系モモと怪獣系コスモのわんコロ日記(notes)


by mo-cosmo