<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

モモの旅立ち

5/8、モモが旅立ちました。
日付が変わる少し前です。

一度は家族皆就寝したのですが、何故か母が起き、私と父も起き、
全員が見守る中で、でした。

不思議ですね。モモが呼んでくれたのかな。

苦しそうに息をするモモに、ただ泣くことしかできなかった。
ただ、光のエネルギーがモモの体に浸透するように、私なりに
ヒーリング・エネルギーを送りました。
モモは、分かってくれていたかな。

苦しかったね。よく頑張ったね、モモ。
でも、もうこれで辛くなくなったね。楽になれたね。

モモにすがって泣いて泣いて泣いて、いかないで、と、いっちゃやだ、と・・・
そう叫びそうになりました。
やっとこれでモモは楽になったんだと思っても、モモがいなくなるということへの
哀しさ、辛さが強く胸に押し寄せてきて、モモを抱いて激しく泣きました。

涙ってほんと、枯れることがないんですねぇ。
どんなに泣いても泣いても、涙って出てきます。
きっとまだまだこれから先もたくさん涙を流すでしょう。

モモは、実は三代目のワンが亡くなって数日後、我が家にやって来ました。
飼ってもらえないかというその話が来るのがもう数日早かったら、
三代目ワンがいたため無理でした。
何ともベストタイミングで我が家にやって来たモモ。

そして旅立つ時もタイミングを計ったようだったんです。

実は5/10~11と私と母は泊まりで出掛ける予定でした。
その二日の間に、モモに何かあったらと心配でした。間に合わなかったら、と・・・。

でも、モモが旅立ったのは5/8。
だから9日に、全員で送ってやることができました。
一日遅かったら、母と私は不在で送ってやることができなかったので、
本当にベストタイミングでした。

モモにはきっと分かっていたんでしょう。

大人しくて、穏やかで、空気のようなワンでした。
暖かい陽だまりのようなわんこでした。
歴代のワン達と一緒、最愛の存在です。
私の宝でした。


今はモモで胸がいっぱいです。
よく心に穴が空いたって言いますが、私はそんな事ないんですよ。
私の心にはモモがいーっぱいつまっていて、穴なんて空かない。
こんなにもモモが可愛くて可愛くて、愛していたんだなぁって実感しています。

もっともっと、いっぱい遊びたかった。
お散歩、のんびり二人で行けばよかったね。
コスモが来た時も、きっと面白くなかったのに、
ちゃんと受け入れてくれて、ありがとうね。

母が言うには、モモは私が一番好きだったそうです。
そうだった? 
ありがとうね、モモ。

ほんのちょっとの間、ブログをお休みしようと思います。
ちょっとだけ、まだ脱力しちゃってるから。はい、でもほんのちょっとです。

もう少し心が落ち着いたら、モモのことをもう少し書いて、
皆さんに読んでいただけたらなーと思います。
コメント欄共々、復活したらまたよろしくです。
[PR]
by mo-cosmo | 2012-05-15 10:38 | モモ

モモの日々②

自力で水も飲めなくなっていたモモですが、ある時器を口元に
持っていってやると、自分でペロペロできたんですよ。
おぉ、進歩ー! 

それが数日続いたのですが、その後なんとモモが食べてくれたのです。

食べなくなってからも天日干しして作った手作りジャーキーとか、
大好きだったちくわ(←犬にやってはいけないモノがとにかく好きだった
もーさん・・・)とかやったりしましたが、全く食べてくれませんでした。

点滴だけが栄養補給の日々が続いており、もう食べることはない
のかもしれないと家族も思ってました。

その日も、多分食べないだろうと思いつつ、いわしを焼いたもの(←えー、
我が家の晩ご飯)をお裾分けで持っていったらなんとなんと食べてくれたんです!

ちょっと奇跡ですよ!

a0154801_9353939.jpg


       (↑痛々しいくらいに痩せちゃってます・・・。嘔吐を繰り返していた頃は、
       布団の洗濯が間に合わなくなってきたので、汚れ防止でペットシーツを敷いてました)


小さないわしでしたが、二匹くらい食べてくれて、もぅ私号泣でございましたよ。

その時思い出したのが、数年前、アニマル・コミュニケーションのセミナーに
出た時のこと。犬とテレパシーで繋がってみましょう的な時間があり、
私はモモコスモとどっちにするか考え、モモと話をすることにしたんですね。

コスモはパピーから育てたせいか、人間と意思の疎通もよくできる。
でも、もーさんはなかなか感情を表に出すことができないワンなので、
何を言っているか知りたいと思ったのです。

意識をモモに集中してモモの気持ちを知ろうとした時、モモが私に
伝えてきたメッセージは「もっと手作りごはんが食べたい」だったんですね。
それと「いわしが食べたい」と。

a0154801_9362297.jpg


その時は魚好きは分かっていましたが、確かいわしをやった記憶はなく、
「え、いわしー?」と意外に思ったのを覚えてます。

自分が本当にモモの気持ちを読めたのか「?」の部分はありましたが、
ここにきてあの時に感じたことは正しかったんだろうなと思いました。
この時になって、モモがいわしを食べてくれるなんて。

そーかい、そんなにいわしが好きだったかい、もーさん。

その後、モモの側でお茶しようと思って、側でカステラを食べた私ですが、
試しにちょっとカステラを差し出したら、二口ですがこれも食べてくれました。

おおおっ、大進歩ぢゃーっっ。

とにかく今のモモには食べることが必要です。
この際何でもいい。
次の日、母がまた干物系を用意したら、ちょっとですが食べてくれました。
そしてなんとソーセージも。(←これがまた魚肉ソーセージさ。我が家の昼ごはん)

a0154801_9364589.jpg


夕方、寝ているモモに「モモ~、起きて来て皆でごはん食べようよ」と
無理と分かっているのに私は声をかけました。
いつも家族が食べる食卓の横に来て、おこぼれをもらっていたモモです。
むろん、モモは寝たままでした。

ですが、食事が終わって父がドアを開けたら、もーさんが廊下にいました!
寝床から自力で起きて歩いて来たようです。

ごはんが食べたかったんだね! 私のいう事、聞いてくれていたんだね。

急いで母がまた干物を焼きました。
ソーセージと一緒に食べてくれました。そしてなんと、大好きだった白米も。

どれも量的にはほんのちょびっとです。
でも、もう二度と食べないかもしれないと思っていたモモなので、
どれだけ嬉しかったか。

自ら動く気力はなく寝たままですが、
それでも食べればまた動けるようになるかもしれない。

a0154801_9371212.jpg


今は我が家は「世界はモモを中心に回っている」でございます。
気にかけてはやるのですが、コスモはロンリーなようです(苦笑)
モモを撫でていると、側にやって来てのびのび~を披露するんですよ。

a0154801_9375261.jpg


         (状況を理解しているのか、コスモは寝ているモモに決して突進とかして
         行きません。が、最初の頃一回こーして↑怒りの鉄拳がありました・苦笑)


のびのびご披露はもーさん直伝なんです。モモに「はい、のびのびして~」
と言うといつも見せてくれて(←大した芸ではない・苦笑)、それで
私らが褒めていたのをコスモが見ていて、あれをすれば褒めて
もらえるんだと学習したようです。


a0154801_9383563.jpg


        (相変わらず日々、もりもり食してくれるコス↑
        プリプリボディが悩ましいトコですが、食べてくれる方が有難いんですねぇ)


なので、構って欲しいとトコトコやって来て、
「あたしのびのびできるんですよ。見てください見てください」 とばかりに
側でのびのび~のびのび~するんですよ(苦笑) 可愛いなと思います。

モモとコスモを右と左でそれぞれ同時に撫でている時が、やっぱり幸せな時間です。

(お返事が遅くなってしまいそうなため、引き続きコメント欄は
閉じさせていただいております。また、皆様のブログにもなかなかお邪魔
できずに本当ーっに申し訳ありません!)
[PR]
by mo-cosmo | 2012-05-07 09:57 | モモ

モモの日々①

モモの病院通いは続いております。
時には毎日、時には数日置きで通ってます。
毎回胸に溜まった血を抜き、点滴を行います。
二日ほど間が開くと300mlも抜けます。
抜いても抜いても、溜まってしまう・・・。

a0154801_9203315.jpg


        (3月頃のもーさん↑ この頃は寝ているモモにこーしていたずらなんてしてました)

病気が分かってから、ほとんどごはんを食べなくなりました。
食欲がないモモのため、4/18に母がお肉のたたきを作ったのですが、
それを二切れ食べた以後、全く食べなくなりました。

水だけはガブガブ飲んで、いつもの水用の器では足りなくなり、
ラーメン用のおどんぶりで水を用意するようになりました。
それもすぐに少なくなってしまう飲みっぷり。

水だけでも飲んでくれるのはよかったのですが、
やがて水も飲めなくなってしまいました。
そのため、口の横から定期的に流し込んでやることに。

a0154801_9211140.jpg


抗ガン剤を一度打ってもらったモモですが、それから連日嘔吐
するようになりました。

朝4時、モモの苦しそうな声が聞こえてすぐ起きていくと、
ゲーと声を出しながら吐いていました。
あまりに苦しそうなその様子に、涙が出ました。

片付けをしてまた寝たのですが、30分後、またモモが吐きました。
立ち上がって吐くこともありましたが、その気力すらなくなり寝たまま吐くことも。

日に何度も吐きます。夜中でも、吐きます。
掃除が辛いなんて思いません。
モモはもっともっと辛い思いをしているのでしょう。

モモは今まであちこちで寝ていたので、家の中には5~6箇所寝床が
ありました。私の部屋にももちろんモモ用寝床がありました。
でも、頻繁に吐いて布団の洗濯が日々続いたため、私の部屋の寝床は片付けて
その毛布を替えに使うことに。

片付ける時、抵抗がありました。
もうモモが私の部屋に自ら歩いて来ることはないかもしれないというのを
認めるのが嫌で・・・。

           (↓コスモ、ときどきもーさんのお見舞いに行きます)

a0154801_921499.jpg


モモのごはん用食器も、消毒して奇麗にしてあるのに、使われないままです。
おトイレにも、定期的に父や母が抱いて外に連れて行かなくてはなりません。
自力でできますが、腰を落としたまま体を支えられなくてヨロけてしまうことも。

最初はモモに頑張ろうねと言っていましたが、それも言えなくなりました。
もう十分にモモは辛さに耐えているはずで、これ以上頑張れとは言えないのです・・・。

いろんな選択があると思いますが、うちはモモに無理な延命治療はさせないつもりです。
辛く苦しい思いをさせての治療は、モモが可哀相だと思うのです。

ただ、今のモモの苦しさ、辛さが和らぐよう、それだけは心がけてやりたいと思います。
とはいえ、手術ができない以上、今していること以外に治療はできないのが現状ですが。

a0154801_9222281.jpg


連日吐いたため、抗ガン剤も打つのは止めてもらいました。
そしたら数日後から、モモの嘔吐が止まりました。
ただ、打った抗ガン剤はきついものではないので、吐き気とは関係ないとのことでした。

夜、メガネを外すといつも同じところに大きな汚れが付いていて、
どこで汚すんだろ、と思っていましたが、ある時気付きました。
それは私の涙の跡だったようです。
毎日毎日モモを見る度に泣いて泣いて、それでメガネが汚れていたんですね。

私が泣いたってなんにもならない。
もっと辛いのはモモだと分かっているのですが、辛さは胸に押し寄せます。

ほんの一月前まではお散歩にも行っていたモモだったのに。

暗くなるエピソードばかりで申し訳ないです。
(写真だけはいつものもーこす風を心がけました)

だがしかしなんですよ!

二週間ばかし段々と悪くなるモモに心配し通しでしたが、ここに来て少し明るい兆しがーっ。
ということで、よろしければ、②にもお付き合いくださいませ。
[PR]
by mo-cosmo | 2012-05-07 09:33 | モモ

おとなし系モモと怪獣系コスモのわんコロ日記(notes)


by mo-cosmo